五月人形に祈りを込めて│元気いっぱいchildren

笑顔

子どもの成長を願う

子供

端午の節句で飾るものは屋内に飾るものと屋外に飾るものがあります。屋内に飾るものは内飾りと呼ばれ、兜や鎧をつけた人形が飾られます。屋外に飾られるものは鯉のぼりで、成長や出世を願うために飾られます。

この記事を読む

木のおもちゃ

笑顔

子どものおもちゃとして現在はプラスチック製のものが多いですが、木で出来たおもちゃも再び注目されています。自然の素材なので安心なのと温かみがあり、長く使うことができる等の理由があります。

この記事を読む

昔からの風習

子供の日には五月人形を飾りましょう。

お人形

三月は女の子の日である、ひな祭りがあります。それとは反対に男の日もあります。一般的には、こどもの日として定められていますが、男の子の日として認識している人も多いのではないでしょうか。三月のひな祭りの時には、女の子のいる家は雛人形を飾りますね。五月の男の子の日は五月人形を飾るのです。兜とも言われます。男の子がたくましく、強く成長出来る様にと言う思いが込められているのです。五月人形はこどもの日の数日前から出して、当日が終わったら片付ける様にしましょう。長く出しておくのはあまり良い事ではないとされているので、速やかに片付ける様にします。雛人形も同じで、将来お嫁に行くのが遅れない様にと言う理由で、速やかに片すのが正しいのです。

様々な種類が販売されています。

今の時代は昔に比べて、様々な五月人形が販売される様になりました。昔は本当に兜だけだったり、リアルな人形でしたが、時代が変わるにつれて、可愛らしいものも多くなってきています。お店では三月のひな祭りが終わった頃から、五月人形が販売され始めます。五月人形だけで無く、鯉のぼりを飾る家庭も多いと思います。早くから販売が始まるので、余裕を持って購入する事が出来ます。最低でも数万円はする事が多いので、子供のイメージに合った人形を選びましょう。鯉のぼりも大きいものから小さいものまで様々です。子供に好きなものを選んで貰うのも良いでしょう。子供が成長していくにあたって、色々な願いを込めて、五月人形や鯉のぼりを飾ってあげましょう。

現在のおもちゃ

笑顔

木のおもちゃは丁寧に作られていることから価格が高い傾向がありましたが、メーカーが参入や値下げを行なうことで他のおもちゃと同じような金額で購入することが出来るようになりました。

この記事を読む