五月人形に祈りを込めて│元気いっぱいchildren

笑顔

子どもの成長を願う

五月人形の今後について

子供

五月人形は、5月5日の端午の節句のさいに飾る人形のことで、主に男子の誕生と成長を祝うというものです。五月人形といってもいくつかの種類があり、屋内に飾る内飾りと屋外に飾る外飾りです。一般に五月人形といえば内飾りのことを指し、主に鎧や兜などを飾るほか、これら鎧や兜を来た人形、また桃太郎や金太郎といった昔話の主人公の人形が飾られるケースがほとんどです。一方で外飾りとしては、鯉のぼりが一般的で、日本の風景のひとつとなっています。いずれも健やかな成長や将来の立身出世を祈るために飾られるものですが、近年は時代の変化とともに変わりつつあり、例えば鯉のぼりなども屋内に飾られるタイプなどが使われる傾向にあります。

購入するさいの注意点

五月人形を購入するさいの注意点としては、飾る場所を確保するということです。かつての家屋では座敷などの床の間に人形を飾るのが一般的でした。また鯉のぼりも広い庭があればポールを建てて大きなものを上げることもできましたが、近年の家屋では和室がないものも多くなり、また庭にポールを建てるのが難しいため、飾る場所の確保が難しくなっています。そのため、近年は住宅事情に合わせて小型化したものが選ばれる傾向にあります。小型化したものであれば室内のインテリアとしても飾ることができ、収納にも困ることがありません。また鯉のぼりなども近年は屋外に飾るよりも屋内に飾るケースが多くなってきておりコンパクト化が進んでいます。